出産や育児をきっかけに、女性が転職を成功させるポイントとは?

出産・育児で転職を考える

女性が転職を考えるときには、仕事そのもののやりがいや給与などのこともありますが、この仕事を結婚しても続けられるかどうか、家庭や子育てと両立することができるかどうかという視点も必要になってきます。
出産などを考えて、転職に成功するポイントがあるのです。

出産前に転職するメリット

子供が生まれてからすぐに転職をするとなると、採用する側にとっても色々なリスクがあるため採用を控えてしまうことがあります。
結婚をし、出産を前に新しい会社に転職すれば新しい職場に慣れるということは必要ですが、子育てしやすい環境の会社であれば安心して育休に入ることができますし、出産したからといっても仕事を辞める必要はありません。
すでにある程度のキャリアを積んでいる方であれば、転職自体もスムーズにいくことでしょう。
中小企業やベンチャー企業の場合には、育休制度はあっても実際に使っている人がいなかったりして、出産後に仕事をしにくいこともあるのです。
そういう会社にお勤めの方であれば、転職を検討してより子供がいても仕事をしやすく、時短勤務がしやすい企業に転職することもおすすめできます。
子供がいないときであれば転職活動もよりスムーズですし、新しい仕事であっても早く慣れることができる時間があるのです。
産休はとることができても、転職してすぐに育休をとることはできない会社もありますので、会社の就業規定を確認してください。

出産後に転職活動を考える場合

今いる会社で育休制度を利用しているが、育児が大変や待機児童問題で復帰ができないというケースもあります。
今まで働いていた会社とはまた違った環境で仕事をしたいというワーキングマザーも多いでしょう。
働いていた会社の制度を利用して、復職が約束されているのであればまずその会社で働いてみることもできます。
3歳未満のお子さんがいる場合には他の企業に応募しても、採用を見送られることも多いです。
3歳以上になると、待機児童という問題も少しは解消されていきますのでお子さんが3歳以上になってから転職を検討するのも有利になります。

女性が出産しても働きやすい会社

会社によって、女性の働きやすさは違います。
時短勤務や子供の病気などに柔軟に対応することができる職場かどうかなども、出産後に働くには重要なポイントです。
採用情報などで、女性が多く活躍している職場という文言をみることができますが、その女性がお子さんがいるかどうか、残業があるかどうかなどもしっかりと見極めて転職活動をすることが重要です。
会社の中で女性の在籍率が高い会社や育児休業後復帰している女性社員が多い会社の場合には、育児をする上でのサポートや会社独自の制度が整っているということができます。
仕事によっては、テレワークができたりすると子供の急な発熱時などにも対応できるので安心です。
女性の育児支援がしっかりしている会社は、男性や女性という区切りなく評価制度も整っています。
出産や育児などのライフスタイルの変化があっても、自分が働きやすくやりがいのある仕事ができる会社は女性にとって働きやすい会社でしょう。

20代後半から30代の女性の転職

よく、転職するなら何歳までにということが言われていますが実際の転職市場には年齢によるタイムリミットはありません。
専門職や特定の分野でキャリアを積んできた女性であれば、どの業界も経験者を求めている現状があります。
中途採用では、すぐに現場でスキルを発揮できる即戦力が必要なのです。
そのような経験があれば年齢や家庭がある女性であっても挑戦することが十分にできます。
20代の若手であれば、一通りの社会人経験があり若手社員を求めている会社が積極的に採用しています。
経験よりも志望動機や熱意などが重視されますので、未経験の業界へのチャレンジも可能です。
経験を積んだ30代であれば、自分の仕事に求めることや適性などがある程度わかっているので、新しい会社とのミスマッチも防げ、より仕事につくことができます。

出産後の女性の転職で不利なこと

出産後は、企業側もすぐに採用することが難しいこともあり転職が簡単にいかないということも多いです。
出産後に転職をすると、慣れない職場で新しい人間関係に対応し、新しい仕事を早く覚えて行かなければなりません。
家に帰れば子供の世話もあり疲れきってしまうということもあります。
一度仕事を離れてしまうと、給与面でも下がってしまうというということもありますので慎重に転職活動をしていくことが大切です。
出産後に転職活動をする場合には、面接に合わせて子供の託児を調整したり、子供の急な病気でキャンセルをしなければならないということが発生することがあります。
スケジュールを調整するのが簡単ではありませんので、注意が必要です。
育児休暇を経て職場復帰している女性は、時短勤務で働いている方も増えます。
そのため、時短勤務の枠での採用が少なくなることも多く、希望の仕事につけないことがあるのです。
出産後に転職をされる場合には、転職活動や働く仕事のイメージを事前に掴んでおくことが大切になります。

女性が転職活動するときには

仕事を持ちながら転職活動する場合や、子育てをしながら転職活動をする時には、効率的に転職の情報を得ることが重要です。
ハローワークなどにも情報がたくさんあり、利用することができますが、使う媒体によって求人情報が全く異なるのでどのような業種や職種に就きたいかによって、使う転職サイトを使い分ける必要があります。
特に専門職の場合には、転職サイトによっても強みや弱みがありますので見極めて使うことが必要です。
女性向けのサービスを展開する転職サイトもありますし、男女分け隔てなく採用活動をしている企業がほとんどですので、色々なポジションを検討してみましょう。

転職エージェントを利用する

自分の市場価値を知っているという女性はあまり多くありません。
30代になって、ある程度のキャリアを積んできた方であれば、さらなる給与アップや待遇面の改善などができる新しい職場に出会えるかも知れません。
客観的に自分に合う仕事や企業をアドバイスしてくれる、転職エージェントを利用するとサービスは無料でありながらも転職に有効なことが多いです。
転職エージェントは未公開求人案件も多く持っているので、一般に公開されている求人情報よりもライバルが少ない案件に応募できることがあります。
女性に人気の職種などは応募が殺到して書類選考で弾かれてしまうというケースも多いので、転職エージェントを利用してみましょう。
履歴書や職務履歴書などのチェックやアドバイスも無料でしてくれるほか、企業の風土や担当者などの情報もしっかりと聞くことができます。
転職エージェントでは、マンツーマンでキャリアアドバイスなどをしてくれるので、是非利用してみてください。

出産しても輝ける職場で仕事をしましょう。

女性は出産をすると男性と違い、時間的、身体的にも多くのライフチェンジがあります。
転職活動をして、育児をしながらもやりがいのあり、満足できる職場を見つけることは十分に可能です。
女性が転職活動をする時には、生活の変化などを考えた上で効率的に行うことをお勧めします。
転職活動をする時に、転職サイトやエージェントを利用すれば、子育てとの両立ができる仕事を見つけることも可能です。