ブラック企業であるかを見極めたい時は求人やランキングなどを確認すべき

ブラック企業の見極め方

企業の労働環境は、必ずしも恵まれているとは限りません。
いわゆるブラック企業は要注意です。
ただしブラック企業には、共通点もあります。
ある程度は求人広告で見極める事もできますし、ランキングなどで調べる事も可能です。

労働環境があまり充実していない企業

企業によっては、労働時間が極めて長い事があります。
朝から21時ぐらいまで働き続けたと思ったら、そのまま深夜勤務になる企業も稀にあります。
しかもそれが1日だけでなく、毎日のように続いてしまう企業もあるのです。
あまり労働時間が長いと、体を壊してしまいます。
それと給料に関する問題点がある企業です。
本来会社で残業すれば、割増賃金は支払われるでしょう。
基本労働時間での給料が時給換算で1,000円だとすると、1,250円は支払われる筈です。
しかし、中には支払われない企業もあるのです。
色々な理由を付けて、割増賃金を支払ってくれない企業もたまにあります。
たまにニュースなどで取り上げられている事もあるでしょう。
割増賃金どころか、給料自体を支払ってくれない会社もたまにあります。
いわゆる給料未払いです。
売り上げが厳しい企業ですと、従業員に対する給料の支払いも難しいからです。
それと、厳しいノルマです。
目標数字のハードルが非常に高く、およそ達成できない数字になっている企業もあります。
その数字を達成できなければ、上司から厳しく言われてしまうのです。
他にも色々あります。
休日がほとんど無い企業もあれば、ハラスメントが横行している企業もあるのです。

給料が開きすぎている求人

しかし上述のようなブラック企業は、ある程度は見極める事は可能です。
求人広告などは、よく見てみると良いでしょう。
例えば求人の給料です。
もちろん求人広告には、給料の数字は書かれています。
現在の収入に不満がある方々は、よくその給料の数字を基準に仕事探しをしています。
ところで色々な求人を見てみますと、たまに給料の記載が非常に幅広くなっている事があります。
「年収300万から700万」などの記載です。
実に2倍以上の開きがある訳ですが、このように求人に書かれている場合は、ブラック企業の可能性があります。
実際にその会社で働いてみると、700万円どころか200万円台になっている企業も多数あるのです。
あまりにも給料の数字が開いている企業に応募するのは、やや慎重に検討する方が良いでしょう。

成果主義や実力主義などの表現

成果主義などの表現も、要注意です。
確かに多くの企業では、成果は求められます。
会社では、常に売上数字は追求していますから、結果が求められるのは確かです。
しかし求人広告で成果主義が強調されている企業は、やはり要注意です。
成果が求められるという事は、厳しいノルマを課せられるケースも多々あるからです。
およそ達成が困難なノルマを課せられてしまったり、上司がかなり厳しい事もあります。
同じ理由で、実力主義などと求人に書かれている企業も要注意です。
ノルマを達成できなければ、一向に給料が高くならず、結局は安い給料で働かされ続けてしまうケースもあります。
過度にやりがいを強調している企業は、注意を要するでしょう。

深夜なのに窓が明るい会社

企業のオフィスを外から観察してみると、ブラック企業であるかどうかを見極められる事があります。
夜間に、窓から観察してみると良いでしょう。
どういう事かというと、企業によっては深夜の時間帯でも窓が明るくなっているのです。
たとえ深夜の時間帯になっても、窓が明るい企業を見かけるケースも、たまにあります。
それはどういう事かというと、深夜労働を課せられる可能性が大なのです。
夜中の2時でも窓が明るいような会社ですと、その時間帯でも働かされる可能性があるでしょう。
それこそ日勤が終わったら、そのまま夜勤で働き続けるような企業の可能性もあります。
ですからブラック企業であるかを見極めたい時は、深夜に窓の明かりを見てみる方法もあります。

裁量労働制の問題点

裁量労働制の企業も、要注意です。
残業代が支払われない可能性が大いにあります。
裁量労働制は、賃金が大きく変わらない制度のことです。
極端な例ですが、たとえ1ヶ月の労働時間が500時間でも300時間でも、支払われる賃金はほぼ同じ程度です。
500時間も働けば、かなり長い方です。
そこまでの労働時間ですと、本来は従業員に残業代を支払わなければなりません。
しかし裁量労働制の場合は、そこが曖昧なのです。
かなり長い時間働いても、ほとんど残業代が支払われないケースがあります。
しかも裁量労働制の会社の場合、たとえ仕事が早く終わったとしても、早めに帰れると限りません。
定時よりも早く終わっても、仕事の追加が来てしまい、結局は終業時間まで働かされるケースも多々あります。

ブラック企業のランキングで確認できる

実はブラック企業は、実はランク付けされています。
WEBなどで色々企業に関する情報を見ていますと、たまにランキングが発表される事があります。
去年1年間の企業ランキングなどという形で、様々な有名企業がリストアップされる事もあるのです。
ブラック企業を見極めたい時は、そのランキングも確認してみると良いでしょう。
ほぼ毎年のように、ブラック企業のランキングは公表されているのです。
非常に有名な企業が名前を連ねているケースも、しばしばあります。
ですから例えば、転職活動する為に求人を探してみたとします。
そして、労働環境が良さそうな求人を見つけました。
その場合はすぐに求人に応募するのではなく、まず一度はブラック企業のランキングを確認してみると良いでしょう。
ランキングに名前が出ている企業なら、応募しない選択肢もあります。

企業理念と会社概要に注目

また最近の企業は、たいてい公式サイトを完備しています。
多くの企業サイトには、企業理念というページがあります。
そこに書かれている内容は、よく確認してみると良いでしょう。
企業理念がしっかりしている会社なら良いですが、たまに理念が曖昧な企業があります。
書かれている内容が意味不明な企業ですと、ほぼ勢いに任せて企業理念を書いている可能性があります。
それと横文字が多すぎる企業も要注意です。
日本語で書けば良い内容を、わざわざ横文字を多用して理念を書いている企業も、たまに見かけます。
やはり経営理念が曖昧な企業は、避ける方が良いでしょう。
もちろん企業理念だけでなく、会社概要にもきちんと目を通しておく必要があります。
会社概要を見てみると、何らかの問題点が見えてくる事もあるからです。

常に求人を出している企業も要注意

企業によっては、ほぼ通年募集広告を出している事があります。
毎月のように求人広告を見かける企業もたまにあるのです。
そのような会社は注意が必要です。
そもそも企業が求人を出す理由は、人手が足りないからです。
慢性的に人手が足りなくなれば、やはり求人を出さざるを得ないでしょう。
しかし求人を出すにしても、余りにも多いのは要注意です。
というのもブラック企業の場合は、離職率が非常に高い事があります。
新人の退職率が70%を上回っているような企業ですと、通年募集せざるを得ない事があります。
要するに、人の移り変わりが激しいのです。
定期的に求人サイトを見てみて、ほぼ毎回見かけるような企業は要注意です。

ブラック企業の見極め方まとめ

上記のようにブラック企業を見極めるポイントは、色々あります。
まずは求人をよく見て、企業理念やランキングなどを確認してみると良いでしょう。
WEBで細かく下調べしてみれば、ブラックであるかどうかを見極める事は可能です。